【メルマガNO.154】諦めましょう、今年も何事もなくは過ごせません

 

【岩田雅史公式メルマガVol.154】

諦めましょう、今年も何事もなくは過ごせません

 

==========

岩田雅史公式メルマガ

==========

☆浜松セミナー

1月13日13時からを予定しています。

今年と来年にむけてのやったほうが良いこと。
それを努力感なく、できる方法をお伝えします。


皆さんとお会い出来ることを
楽しみにしております(^_^)

ヒューマンソウルアップ masa

===========
ここから今日のメルマガ
===========

こんにちはヒューマンソウルMASAです。

スクリーンショット 2019-01-02 17.31.19

 


新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

しょっぱなから、今年も色々おきますよ~っていう

強力な題名でしたが・・・

多くの方が

 今年も恙無く(つつがなく)過ごせますように


って初詣のときに手を合わされると思います。

 

 

そんな恙無く一年がすぎることなんてありません。

結局、大なり小なり色んな事がおきます。

 

去年、一年を考えてみてもどうでしょう?

色んな事があったんじゃないかな?

 

特に2018年は、人間関係もいろんなことが

大きくわかれる年でした。

 

今までご縁が会った人が離れたり、形があるものがなくなったりと

 

必要なものが残り、必要ではないものがなくなる年が2018年のようです。

だから去年色々とあった人はバッチリです!

 

もう一度  魂磨き について考えてみましょう。

今回、生まれてきたテーマが

 

『生まれた時よりも、死ぬときの方が魂を磨いて成長させる』

 

だとしたら~

 スクリーンショット 2019-01-02 17.46.08

 

この世に生まれたと言うことは学びに来てるのだから、今年も色々と起きて学ばせて頂けます。

 

起きてくることが、学びなさいって言う事だとわかれば、

 

なんで自分ばかり?とか
もう、こんな人生いやだ~

とかにはなりませんよね?

 

これは、越えれば大丈夫か?ってなります。

 

だから

 

恙無く終わらないほうが、人生の学びとしては大きいみたいです。

 

2019年は易学的には、地盤をかためる年だそうです。

そして2020年には、それが一気に花咲く年になります。

 

今年も、色んなことをしでかしちゃって、失敗もいっぱいしながら
2020年にむけて、しっかりと土台を作って行きましょう。

 

色んなうまくいかない事は、すべて大きな魂磨きになります。

失敗を恐れずに、笑い飛ばして進む面白い年にしちゃいましょう(^_^)

 

 ==============
☆今日のやってみよう♪
怖がらずに進む一年に
==============

ちょっと意識してみて下さいね。

 

☆岩田のプライベートつぶやき(^_^)

今年はもう1日でお正月気分は終了~

やはり動きたくなる年なんですね。

 

年末の紅白歌合戦みましたか?
ユーミンとサザンが出るので、久しぶりに見てみました。

ユーミンのバックでドラムをたたいている林立夫さんとは、
昔3年ほど仕事をご一緒したことがあります。

 よく、一緒に飲みました。

むかし岡山で一緒に仕事をしたときに二人で飲みました。
その時たまたま妻の誕生日で、飲みながらそれを話したら怒られた(笑)

なんでそんな大切な日にココにいるの?って
そして手書きで、誕生日メッセージを書いてくれました。

奥様は、いまでもそのメッセージは大切に持っています。
立夫さん優しいんです。

 最後のサザンの桑田佳祐さんも素晴らしかったなぁ~

 最後に司会や、色んな方をしっかりとリスペクトして紹介されてた。

こういう事を大切にされているから、芸能界でもながくトップにいれるんだなって。

 

今年も、ひとつひとつ丁寧に生きたいものですね。

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します(^_^)

 

Human masa岩田

 

不定期でメルマガを配信しています。
リアルタイムで受取りたい方は、
岩田のLINE@へご登録よろしくね。

直接、LINEで連絡もとれます。

 岩田のLINE@はこちらから♪

友だち追加

気軽にご連絡下さいね

メニュー / 募集中のイベント / メルマガ / お客様の声 / 講演一覧はこちら / お問合せ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>